インプラント治療について

無料相談受付中!

インプラント治療について

インプラントに興味はあるけど・・・
こんな不安、ありませんか?

  • 治療費が高い
  • 手術が怖い
  • インプラントを入れた後が大変と聞いた
  • ちゃんとご飯が食べられるまでどのくらいかかる?
  • 治療計画や見積もりだけでも貰いたい
  • 治療費が高い
  • 手術が怖い
  • インプラントを入れた後が大変と聞いた
  • ちゃんとご飯が食べられるまでどのくらいかかる?
  • 治療計画や見積もりだけでも貰いたい

新潟県新発田市でインプラント治療なら
遠藤歯科クリニックにお任せください!

インプラント治療とは、歯を失った部分に手術により人工歯根を埋め込み、その上に被せものを装着することにより失った歯の機能や審美を回復する治療です。多くの場合、歯を失った際のベストな治療法であると考えています。当院では歯科医師2名により、症例ごとに綿密な治療計画を立て治療にあたっています。インプラント治療前後のお口の中の衛生サポートも担当衛生士がついて一緒に進めていきます。また、当院ではインプラント治療に非常に有用な歯科用CTも完備しており、術前術後の骨やインプラントの状況を適宜撮影しインプラントを長期使用いただけるようサポートしております。

無料相談

まずはどんな小さなお悩みでも
お気軽にご相談ください

無料相談

まずはどんな小さなお悩みでもお気軽にご相談ください

インプラントに興味がある。だけどわからないことだらけで不安。このような方も多いと思います。インプラント治療の手術方法、治療期間、治療費用などは症例ごとに異なります。手術が早く終わる方もいれば、時間がかかる方もいます。実際、当クリニックで行ったインプラント手術の所要時間を調べてみると、最短手術時間は15分程度、最長は90分程度でした。つまり、インプラント治療に関しては実際に診察してみないと、治療計画や費用などが分からないということです。
当院ではインプラント治療を検討中の方に対して、無料相談を行っております。初回はレントゲン撮影と診察のみで、2回目に治療方針や治療期間の説明、お見積りのお渡しを行います。
ご希望の方は下記のリンクから【無料相談】のご予約ができます。

メニューから必ず【インプラント無料相談】をお選びください。
不安なことやわからないことは何でも聞いていただき少しでもインプラント治療に対するイメージを膨らませてもらえれば幸いです。

美味しくご飯が食べられる幸せ

インプラント治療は入れ歯治療に比べ、非常によく咬めると言われており、当院でも多くの患者さんから喜ばれております。

食事をする人

例えば、自分の歯が全てあったときの咀嚼効率を100%とすると、総入れ歯の咀嚼効率は15~20%と言われています。これに対し、インプラントの咀嚼効率は90%以上と言われておりこのデータからもよく咬めることが分かります。また、入れ歯と違い、取り外しの煩わしさもなく、面積が小さく歯茎を覆わないため、装着感も良好です。入れ歯に比べると自然な感覚でお使いいただけます。言い換えればもともと自分の歯があったときと近い感覚でごはんが食べられます。入れ歯では噛み切りにくかったお肉などもインプラントでは嚙み切りやすいと言われています。

2名の歯科医師による綿密な治療計画で
ベストな治療方針を提供します

遠藤歯科クリニックでは2名の歯科医師で意見を出し合い、症例ごとに最適な治療方針を提供できるように毎回症例検討を行っています。2名で検討することで治療計画を推敲し、よりよい方法で治療に臨むことができます。また、担当衛生士も加えたチームでインプラント手術前からインプラント治療完了後のサポートまでを一貫して行います。

無料相談

まずはどんな小さなお悩みでも
お気軽にご相談ください

無料相談

まずはどんな小さなお悩みでもお気軽にご相談ください

メニューから必ず【インプラント無料相談】をお選びください。
不安なことやわからないことは何でも聞いていただき少しでもインプラント治療に対するイメージを膨らませてもらえれば幸いです。

これが選ばれる理由!!
インプラント治療、8つの特徴

01.

CTを駆使した詳細な診断

遠藤歯科クリニックでは歯科用CTを完備しており、症例ごとに骨の状態を詳細に把握し治療に活かしています。通常のレントゲンではわからないこともCTの3次元画像では手に取るように把握でき、手術の際に非常に有用です。より正確な手術のためにもCT撮影は必須と考えています。インプラント治療を行う場合は全症例でこのCT撮影をさせていただいております。

CTの写真

02.

専用ソフトを利用した
シュミュレーション

撮影したCT画像を専用ソフトに取り込み、実際のインプラント治療をコンピュータ上で3次元シュミュレーションします。骨の厚みや形、神経の走行など、さまざまな状況を考慮して、インプラントを埋め込む場所をピンポイントで決定します。神経や隣の歯にぶつからないようにインプラントの位置を細かく調整しながらシュミュレーションを行う事でより安全なインプラント治療を実現できます。

CTの画像

03.

手術用ガイドを用いた手術

シュミュレーションした位置に正確にインプラントが埋め込めるように、マウスピース型の手術ガイドを作成します。このガイドを使用して手術を行うことで、事前にシュミュレーションした位置にピンポイントでインプラントを埋め込むことが可能です。このガイドを使わず手術をしていた頃は、インプラントを埋め込む方向や深さを注意深く何度も確認しながら手術を進めるため手術時間も現在より長くかかっていました。そういった意味ではこのガイドの存在により手術を短時間で終えることもでき、患者さんにとって負担の少ない手術を実現していると言えます。

手術用ガイドの画像

04.

世界3大インプラントの
システムを採用

現在、インプラントには数多くのメーカーがあり、それぞれに長所・短所があります。遠藤歯科クリニックでは信頼と実績を第一に考え、世界3大インプラントのひとつである、Dentply社のアストラテックというインプラントシステムを採用しています。世界的に長く利用されてきたインプラントで十分な実績があり、我々歯科医師側からみても非常に使い勝手の良いシステムです。当院ではこのアストラテックインプラントのなかでも、「Osseo Speed EV」というシリーズのインプラントを採用しています。インプラント体の長さ、太さ、形状などのラインアップが豊富で多くの症例に使用できます。事前に撮影したCTの3次元画像をもとにインプラント体の長さ、太さ、形状を決定して手術に臨みます。また、インプラントを埋入した後には、手術の刺激によって、インプラント周囲の骨が一部溶けてしまう「ボーンロス」という現象が起こると言われていますが、アストラテックのインプラントではこのボーンロスが起こりにくいという点も大きな魅力です。

インプラントのイメージイラスト

05.

個室の広い手術室完備

診療個室

インプラントの手術には非常に多くの器具機材が必要です。また、手術は通常、術者、アシスト、サポートという3名体制で行っております。通常の診療と比べると、器具機材、人が多く通常診療室では窮屈で手術がしにくいためインプラントの手術の際は医院の一番奥にある特別診療室を使用しています。通常診療室の倍以上の広さがある個室ですので窮屈さを感じることなく手術できます。

06.

視覚的で分かりやすい説明

歯科医師イメージ

インプラント治療は複雑なステップが多く、「何をしているかわからない」という声をよく聞きます。遠藤歯科クリニックでは、各診察台に口腔内撮影専用カメラがついています。このカメラで撮影した画像は瞬時に目の前のモニターで確認できるシステムになっています。「百聞は一見に如かず」の言葉通り、やはり治療前後の説明は言葉より写真でお見せした方が早く、分かりやすいと考えています。インプラント治療に限ったことではありませんが、治療のステップごとに写真を撮影し視覚的に分かりやすい説明を心掛けています。ただ、中には口腔内の写真を見るのが苦手な方、手術中の血が写っている写真は見られない方もいると思います。写真が苦手な方向けにアニメーション動画も用意していますので、ご希望の方はお声がけください。

07.

美しく丈夫な被せもの

インプラントのイメージイラスト

インプラントの上部に被せる被せものは様々な材質があります。遠藤歯科クリニックでは審美性と機能性に優れた「ジルコニア」とう材料を主に使用しています。非常に丈夫で壊れにくい上、見た目もきれいに作ることが可能です。被せものの中央付近にはネジを入れる小さな穴が開いていて、この穴から極小ネジで被せものを固定したあとに、ネジ穴を白い材料で塞ぎます。噛み合わせにより無理な力や側方力がかかった際にネジが緩んでしまうことがありますが、ネジ穴をふさいでいる材料を外すことで簡単に締めなおすことができます。当院で以前使用していたシステムではネジが緩んだ際は被せものを壊して外さなければなりませんでしたが、現在のシステムではネジの締めなおしをして、無理な力をかけないように噛み合わせを調整するだけで済みますので、ほとんど時間がかかりません。

08.

インプラント専用のアフターケア

インプラントアフターケアのイメージイラスト

インプラントは歯を失った方にとって非常に良い治療法です。しかし、インプラントを長期的に快適に使っていただくためにはインプラントが入ってからが本当のスタートです。インプラントは人工物であり、むし歯になることはありませんが、歯周病のような状態になってしまう可能性があります。手術で埋めたインプラントは言わば人工の歯の根っこです。この根はチタンでできているため溶けることはありませんが、根っこを支えている骨はメンテナンスをしっかりしなければ徐々に溶けてしまいます。これを「インプラント周囲炎」といいます。インプラントが入った後は、インプラントを長持ちさせるために定期的なメンテナンスをすることが必須です。遠藤歯科クリニックでインプラント治療を行った方には定期的な検診をお願いしております。インプラント専用の器具を使ったクリーニングをしたり、インプラント周囲炎の兆候がないかチェックしたりしています。定期的な検診に来ていただけない場合はトラブル時の補償が受けられない場合がありますので是非、定期的な検診をお受けください。

抜歯即時埋入

抜歯即時埋入

「とにかく早く歯を入れたい」という方にオススメ
最小限の外科手術
治療の流れ

フラップレス手術

フラップレス手術

骨増生(GBR)

骨増生(GBR)

ルートメンブレンテクニック

ルートメンブレンテクニック

骨吸収を抑制してきれいな仕上がりに

ソケットリフト

ソケットリフト

上顎の骨が薄い人でも治療が可能
治療の流れ

サイナスリフト

サイナスリフト

治療の流れ

スプリットクレスト

スプリットクレスト

治療の流れ

インプラント治療の費用

インプラントのイメージイラスト
項目基本料金
(1本目)
追加料金
(2本目以降)
CT診断11,000円5,500円
サージカルガイド55,000円11,000円
インプラント埋入手術219,000円143,000円
上部構造99,000円99,000円
オプションGBR44,000円44,000円
ソケットリフト55,000円55,000円
スプリットクレスト44,000円44,000円
抜歯即時埋入77,000円55,000円
抜歯即時埋入RMT88,000円66,000円

上記料金はすべて税込み料金です。(令和5年11月改訂)

遠藤歯科クリニックでは、
現金払いの他に各種クレジットカード・スマホ決済
のご利用が可能です。

VISA、JCB、AMEX、Diners、MASTERCARD
の各種カード、

PayPay、メルペイ、楽天ペイ、d払い、au PAY
がご利用いただけます。

知ってて得する医療費控除

私たちは一生懸命仕事をしてその対価として給与を頂いています。しかし、給与からは様々な税金や社会保険料等が引かれ手取りの給与は支給額よりも結構減っていることが多いです。「医療費控除申請」を行うと、支払う所得税を減らすことができます。

日本の平均的な収入の家庭で80万円のインプラント治療をした場合、約8万円もお得です。少しややこしい制度ですが、是非ご活用ください。

医療費控除とは

1年間の家族の医療費の合計が10万円を超える場合、所得税が安くなる制度です。
ただし、申請しないと適応されません。確定申告の際にこれを申請すれば、税金が還付されますので是非申請してみてください。

一部医療費控除の対象外の歯科治療もありますので、気になる方は担当歯科医師に確認してみてください。

医療費控除例

夫婦2人と子供1人の3人暮らし。
夫のインプラント治療で35万円かかった。
他の医療費を含めると家族3人で年間医療費は395,800円だった。
 夫 年収540万円
 妻 年収101万円
インプラント治療をした際に10万円を補填してくれる民間保険に入っていた。
この場合、いくらお得になるか見てみましょう。

A1年間で支払った医療費395,800円
B保険金などで補填される金額100,000円
C差し引き金額(A-B)295,800円
D所得金額の合計額6,410,000円
ED×0.05320,500円
FEと10万円のいずれか少ないほうの金額100,000円
G医療費控除額(C-F)195,800円

このように、195,800円の控除が受けられます。つまり、この申請をだせば税金がかかる所得、いわゆる課税所得が195,800円も減らせます。所得税率は収入によって変わりますが、例えば、所得税率が10パーセントの場合、19,580円の節税ができます。申請には、歯科医院で治療の際にもらった「領収証」が必要です。なくさずにとっておきましょう。

医療費控除の概要

引用元:国税庁

還付金の計算

また、下記のリンクからだいたいの還付金が計算できます。
年間医療費、年収、受け取った保険金額を入力するといくら戻ってくるか計算してくれるサイトです。受け取った保険金額とは、支払った医療費のうち、何らかの保険がおりたものを指しますので、ほとんどの方は0と入力すれば大丈夫です。

引用元:歯科講座

インプラント治療の実際の症例

CASE – 01

before

▶︎

after

主訴左下、歯がなくてかめない
担当医山口 和善
治療期間6か月
治療内容①CT撮影、型取り、治療計画やリスクの説明
②手術用ガイドの試適
③1次手術
④消毒
⑤抜糸
⑥2次手術
⑦上部構造型取り
⑧上部構造装着
合計通院回数8回
治療費CTによる診査診断…11,000円
1次手術…186,000円
2次手術…22,000円
手術用ガイド…44,000円
上部構造…99,000円

合計(インプラント1本)…362,000円

CASE – 02

before

▶︎

after

主訴右下の奥歯が咬みにくい
担当医遠藤 雄
治療期間約4か月
治療内容①CT撮影、型取り、治療計画やリスクの説明
②手術用ガイドの試適
③1次手術
④消毒
⑤抜糸
⑥2次手術
⑦上部構造型取り
⑧上部構造装着
合計通院回数8回
治療費CTによる診査診断…11,000円+5,500円=16,500円
1次手術…186,000+110,000円=296,000円
2次手術…22,000円+22,000円=44,000円
手術用ガイド…44,000円+11,000円=55,000円
上部構造…99,000円+99,000円=198,000円

合計(インプラント2本)…609,500円

CASE – 03

before

▶︎

after

before

▶︎

after

主訴下の奥歯がない。入れ歯をいれたが咬めない。
担当医遠藤 雄
治療期間約4か月
治療内容①CT撮影、型取り
②治療計画やリスクの説明
③手術用ガイドの試適
④1次手術
⑤消毒
⑥抜糸
⑦2次手術
⑧上部構造型取り
⑨上部構造装着
合計通院回数9回
治療費CTによる診査診断…11,000円+5,500円×3=27,500円
1次手術…186,000円+110,000円×3=516,000円
2次手術…22,000円+22,000円×3=88,000円
手術用ガイド…44,000円+11,000円×3=77,000円
上部構造…99,000円+99,000円×3=396,000円

合計(インプラント4本)…1,104,500円

インプラント治療における注意点・リスク

  • インプラント治療は保険適応外の治療です。
  • 手術後に腫れや痛みが出る場合があります。抗生物質や痛み止めで対処いたします。
  • インプラントは骨と直接結合するため、咬み心地が天然歯と若干異なる場合があります。
  • タバコを吸う方、糖尿病の方はその状態によって手術ができない場合があります。
  • インプラント手術によって神経麻痺や異常出血など、予期せぬ症状がある場合、インプラントを撤去する場合があります。
  • インプラントの保証期間は被せもの装着から2年間です。ただし、定期的な検診にいらしていただいた場合に限ります。

〜 最後に 〜

ここまで読んでいただきありがとうございます。
インプラント治療について書いてきましたが、どんな名医が施術したインプラントも天然の歯にはかないません。インプラントは不幸にも歯を失ってしまった方にとっては非常に良い治療法ですが、定期的なメンテナンスをして歯を失わないようにすることが大切です。「インプラントをしなくても良い」お口の中が実現できることがベストだと考えています。インプラント治療を経験した方は1本の歯がいかに大切かお分かりいただけたと思います。これからインプラントを考えている方もできるだけ自分の歯で咬めるようにすることが必要で、歯科医師としてそのお手伝いができればこの上ない喜びです。

無料相談

まずはどんな小さなお悩みでも
お気軽にご相談ください

無料相談

まずはどんな小さなお悩みでもお気軽にご相談ください

メニューから必ず【インプラント無料相談】をお選びください。
不安なことやわからないことは何でも聞いていただき少しでもインプラント治療に対するイメージを膨らませてもらえれば幸いです。

電話
WEB予約