CTって何がスゴイの?

歯科医院では歯や骨といった固い組織の状態を診断するためにレントゲン撮影を多く行います。

一般的にはデンタルやパノラマと呼ばれるレントゲンが多く利用されますが、より詳しく、精密に診断するために歯科用のCTを撮影することがあります。

CTは3次元的に歯や骨の位置関係を把握出来ます。神経に近い親知らずの抜歯、インプラントの手術などの際にCTから得た情報によって、より正確な手術を行うことが可能となります。

近年ではCTを導入している医院も増えており、CTを利用する場面も増えてきております。

当院でも神経に近い親知らずの抜歯や、骨の中に埋まった歯(埋伏歯)の位置確認、インプラント手術などに役立てています。

保険適用の場合とそうでない場合とがありますので、気になった際はスタッフまでお声がけください。